悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    当院の極上ドライヘッド矯正を受けていただくとさまざまな効果があるので効果をご説明いたします。まず一つ目は、眼精疲労の緩和です。目の周りには眼精疲労のツボがたくさんあるのですが、このドライヘッド矯正治療では目の周りをほぐし眼精疲労をとります。次に二つ目は、頭痛の緩和です。筋肉性の頭痛に関係する3つの筋肉をほぐし、頭痛を出さないようにしていきます。次に三つ目は、頸部の重だるさ、痛みの緩和です。首回りまで治療していくので、頸部の重だるさ、痛みまでとります。首が前に入っている方や、猫背の方などが頸部に負担がかかりやすいので、よくやられています。次に四つ目は、リンパ改善です。リンパは顔、耳周り、顎周りに多いのですが、全体的に刺激することによりリンパの流れが改善され、めまい、頭痛など色々な症状を取ります。最後に脳疲労です。頭蓋骨周りの皮膚と筋膜を緩め圧迫をとり、脳疲労を軽減させます。脳疲労は筋疲労と同じような症状なので、頭の重だるさがある方にもおすすめのメニューになっています。

  2. 極上ドライヘッドとは

    明るい挨拶

    通常様々なお店(マッサージ屋、エステサロンなど)で行われているドライベッドスパは時間と心地良さ受け手に与えることができます。長時間じっくり行うことで心地よくなり眠気を誘うように行うのが一般的になります。しかし当院で行なっている極上ドライヘッドでは短時間で行います。その際に心地よさを備えつつ、頭部の筋膜にアプローチを施す為、頭の重怠さ、首肩の辛さまで軽減し心地よい中でも終わった後の満足度、効果の持続感が異なります。長時間行う事による効果でなく時間が短くとも長時間行うよりも高い実感、効果を出すために生まれた新しい詐術になります。

  3. 極上ドライヘッドをおすすめする理由

    明るい挨拶

    当院が極上ドライヘッド矯正をオススメするのはまずVDT症候群などのPCやスマホを長時間使用で発生する症状のものや自律神経の乱れ、ヘッドスパ経験者、眼精疲労、睡眠障害、頭痛などの症状を持っているかたにオススメです。主に手技は首から頭にかけて行いますが効果としては自律神経の乱れを治すこと、視力のピント合わせ、脳疲労・VDT症候群からくるストレス・不定愁訴の改善、筋膜を刺激して血流をよくして疲労の元となる老廃物や乳酸を流れやすくすることが挙げられます。またヘッドスパ経験者も時間がヘッドスパより短く治療をピンポイントで抑えることができるのでオススメです。

  4. 脳疲労を放っておくとどうなるか

    明るい挨拶

    脳疲労や、眼精疲労を放っておくとどうなるか、それはまず両者を放っておくと起きることは頭痛です。血流が頭まで回らず怒ってしまうものや、疲労により筋肉に疲労がうつってしまい硬くなることにより浮腫が起きて低気圧や、少しの疲労でもすぐに頭痛が起きてしまう等が起きてしまいます。
    脳疲労を放置しておくと、脳年齢の低下や、人間の全てを司る物なので身体全体の不調が起きやすく、トラブル続きの状態になってしまいます。
    眼精疲労だと、上記に挙げた頭痛が代表ですが視力低下、集中力の低下が挙げられます。
    生活している中でストレスと思う事がとても起きやすくなってしまうのが放置をしてしまうとすぐ起きてしまう状態を作ってしまいます。

  5. 当院の極上ドライヘッドとは

    姿勢矯正

    コロナ禍で在宅ワークの方が増える中、オンライン会議や、パソコンやスマートフォンを長時間使用することによる、頭痛・吐き気・首や肩のこり。自律神経の乱れなどで悩む方の声から生まれた施術です。
    また、世間での「ドライヘッドスパ」という知名度が上がっている中で、当院の施術はポイントを的確に捉えて短い時間で効果を出します。
    効果としましては大きく分けて4つあります。
    1.自律神経の調整。体をリラックスさせて、体内時計を整える。
    2.視力のピントを合わせやすくし、視野が広がる
    3.脳の疲労・VDT症候群から来るストレスの緩和
    4.筋膜を刺激して頭部の血行をよくし、疲労の元となる乳酸・老廃物を流れやすくする

    どんな方が極上ドライヘッドを受ける必要があるのか
    ・うっかりミス、約束忘れが多い
    ・夜中に起きてしまう
    ・食事を美味しいと思わない
    ・考えがまとまらない
    ・判断が鈍い
    ・集中力が続かない
    ・頭が重い

    上記が当てはまる方は受けましょう。

  6. その治療をうけるとどうなるのか

    極上ドライヘットを受ける事により様々な症状の改善が出来ます。
    まず、極上ドライヘットを何が起こるのか。
    この時期になると気圧の変化により頭痛が出てきやすい時期になります。
    週に1回のペースに頭痛が出ていると要注意で、頭痛に関係しやすい場所といえば首の凝りになります。
    首は常に頭を支える重要な場所です。
    特にデスクワークで常に画面をみたり下を見たりしたりすると筋緊張(硬さ)が起こりやすくなります。
    筋肉が血管の幅を狭くしやすくなり、血液の流れが悪くなるのでリンパを上手く流せるようにしていきながら首の筋肉をほぐしていけば症状の軽減します。
    実は、目の疲れもデスクワークだったり首の硬さから起こることがありますのでこのご時世で目を酷使する時間が長いので休む機会がないので目の疲労があります。
    極上ドライヘットを行うことにより頭痛、首の凝り、目の疲れ等といった症状は1回で症状の改善が出来ます。
    筋緊張(硬さ)をほぐしながら頭痛の頻度を減らし目の疲労感の軽減を目指す治療になりますので1つでも当てはまる症状がある方はご相談下さい。

  7. 治療頻度は

    明るい挨拶

    改善させるために必要な頻度はどの症状で困っているかにもよるのですが、週に2回できればベストではあります。イメージとしては一回で、1週間の疲労、痛みを取り、二回目で、疲労、痛みを出さないように治療して行く形です。もちろん症状をどんどん良くしたい方は、回数の制限は設けておらず、毎日受けている方もいます。根強い頭痛、根強い眼精疲労などがある方は最低でも目の刺激があった日には、受けて欲しいとお伝えしています。