悩みタイトル

  1. 膝が痛い

     膝に違和感がある
     膝が不安定な感じがする
     膝を動かすのが怖い
     膝に痛みが出ている

    そんな方はいらっしゃいませんか?
    膝に痛みが出る原因として、
    変形性膝関節症、半月板損傷、靭帯損傷、オスグット、ランナー膝、O脚、X脚、ジャンパーズニーなどが挙げられます。
    膝の痛み方は人それぞれです
    激しい運動をしている学生さんが痛めるリスクはもちろん多くありますが、関節は消耗品ですので、年齢を重ねれば重ねるほど何もしなくても痛めるリスクが高くなります。放っておいても良くなる症状は少ないので、痛みが出たら放っておかずにすぐに対処する事をお勧めします。

  2. 膝の痛みに関する当院の考え

    膝が痛い

    当院では、捻挫、挫傷の症状はもちろん対応できますが、膝の位置調整を行う事も得意としています。また膝の痛みを改善するために全身のバランスを調整したり、膝周りの筋肉を鍛える電気をかけたりして、早期改善に努めています。
    学生の怪我や疾患はもちろん、加齢からくる膝の痛みにも対応しています。
    またO脚・X脚の患者様に対しても、位置を整えることによって、今後痛みのでにくい身体作りの為にご協力させていただいています。
    痛みが出るのはなぜか・・・骨格や筋肉が本来あるべきところからズレていたり、歪んでいることが原因になっている場合が多くあります。
    また、膝が痛くても、膝とは別のところが原因の場合もあります。
    ですので当院では膝だけを見るのではなく、全身をチェックし、なぜ悪くなっているのかの原因から追及していきます。

  3. 膝の痛みを放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    膝の痛みを放っておくと、症状にもよりますが、まず治りにくくなります。
    原因がわかっていれば別ですが、心当たりがなく痛みが出た状態、また痛みは引いたけど、違和感が残っている状態はとても危険です。
    間違った使い方をすることによって消耗品である関節を痛めているかもしれません。膝は自分の体重の何倍もの重さが常にかかっています。
    そんな身体の大切なパーツを悪い状態で放っておいたら、今後が怖くてたまりません。老後自分の足で歩きたい場合は、痛みや、違和感を放っておくべきではありません。
    当院では健康寿命を延ばすためのお手伝いもさせていただいています。筋肉や関節の影響で、健康寿命は縮まってしまいます。歩けなくなっては出来る事も出来なくなります。
    また、学生でも部活で膝を痛める子が多くいます。
    学生の時から痛みを放っておくのも、将来に影響が出る可能性があります。

  4. 膝の痛みの軽減方法

    膝の痛み

    当院では膝の痛みを改善する為に、主に3つの事を行います。
    ・筋肉を緩める
    ・骨格の調整をする
    ・筋肉をつける
    まずは「なぜ膝に痛みが出ているのか」を確認します。
    当院では膝の痛みが出ている原因を見つける為に身体全体を検査させていただく場合があります。
    急性の膝の外傷でなければ、別の場所が原因で痛みが出ている可能性が高いからです。
    今まで、膝の治療をしても良くならなかった方!!当院で一度見させていただければ、今後の人生が変わるかもしれません!
    なぜ痛みが出ているのかを判断させていただき、その患者様にあったオーダーメイド施術で対応していきますので、安心してご来院いただければと思います。
    特に長く痛みに悩まれていた方には必見です。

  5. 膝痛改善のためにおすすめする当院の施術メニューとは

    明るい挨拶

    当院では膝の痛みを改善するために、先ほどもお話しましたが、
    ・筋肉を緩める
    ・骨格の調整をする
    ・筋肉をつける
    この3つの施術をおこないます。
    筋肉を緩めるためには、手技療法・鍼治療を主に行います。
    筋肉へのアプローチは必須です。硬くなっている、または動かない筋肉を緩めることで動きの制限が外され、動きやすくなります。
    骨格の調整では、主に全身の矯正治療を行っていきます。矯正治療は骨の位置を調整する施術法です。身体がズレている状態では関節に常に負担がかかります。負担軽減を行います。
    筋肉をつける施術では、EMSという電気を使用します。筋肉の低下で支えが弱くなっている患者様は多くいます。筋力をつけることによりしっかり身体を支えられるようになります。

  6. 治療頻度その治療を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    手技施術・鍼施術では硬くなっている筋肉を緩めることで、動きの制限を外します。本来の筋肉はゴムのように伸縮性があります。筋肉が硬い状態だと、動くものも動きません。本来の動きが出来るようにアプローチをかけます。
    全身の矯正治療を行うことで、身体のバランス改善になります。身体のどこかが歪んでいたりすれば、別のどこかに過度な負担がかかるのは当たり前です。
    本来の解剖学的姿位からズレると、人体に及ぼす影響は強くなります。
    根本改善を目指すのであれば矯正施術が必須になります。当院では今まで多くの患者様に矯正施術を受けていただき、ご好評いただいております。
    筋肉をつける施術はEMSという電気を使用し、筋肉を鍛えていきます。筋肉を鍛えることにより、失われていた筋力をもとの状態に近づけます。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    膝の痛みを改善するために必要な期間は、症状や年齢により違いますが、来院頻度は少なくても週2回をお勧めしています。
    短期間で改善に導くためには施術の効果を維持し続ける必要があります。
    施術の効果は最初は平均で3日くらいしか維持できません。それ以降、元の身体に戻っていきますので、完全に戻りきる前に次の施術を受けていただくと効果的です。
    ただ、患者様のご都合はそれぞれですので、来られるペースに合わせて最大限の効果が出せるよう、患者様と相談しながら進めていきたいと考えています。