悩みタイトル

  1. 膝が痛い

     足の浮腫
     足がつり
     足の痺れ
     足のアーチ
     足の疲れ

    このご時世の中で在宅ワーク(テレワーク)が増えデスクワークで中々、歩く機会が少なくなったり足全体を動かす頻度が落ちてきてしまうと筋肉を動かせていないので水分がふくらはぎに溜まりやすくなってしまいますしふくらはぎに不可がかかります。
    逆に営業等で長距離歩きすぎで休む日もない状態が多いと筋肉が固くなり張り感じが出てきてしまいますしこくしする事もあります。
    このお悩みから出来たのが足の極みです。

  2. 足の極みに関する当院の考え

    膝が痛い

    当院の足の極みと一般な足のマッサージの違いを説明をしていただきます。
    まず、足のマッサージではふくらはぎを中心として筋肉の張り感じを良くしていくことはもちろんのことふくらはぎの後面全体の
    アプローチが出きるので足の浮腫や張り感じは充分に取れます。これが足のマッサージの特徴になります。
    次に足の極みでは足全体的にアプローチをしていくのですがふくらはぎのみならずすね周りやふくらはぎの横側の部分、足のアーチの改善や浮腫の解消等があり柔軟性の効果も見られます。
    効果もそうですが、これだけの差が出てきます。

  3. 当院が足の極みをおすすめする理由

    膝の痛み

    まず、女性の場合では、ヒールやパンプスを履く事が多い為常にふくらはぎがパンパンな状態です。
    お風呂に入って揉みほぐす事はあると思いますが浮腫や張りの対策してもよくならず、明日の朝に持ち込んだり、また、男性では革靴や安全靴で歩く事もある為、例え履きなれているお履き物とは言え足に負担がかかり続けているのです。
    特に女性の方は男性と比べて筋力が弱く足がパンパンになるケースが多いので女性に推進する事が多いですが男性の方でも足の症状が辛い方でも推進しています。
    それと、在宅ワーク(テレワーク)等で座り仕事の場合はふくらはぎを動かす頻度が少ないため浮腫になりやすくなります。

  4. 足の疲れやむくみを放っておくとどんな症状が現れるのか

    膝の痛み

    足の疲れや浮く身を放っておくとどんな症状が現れるか、いろいろな症状が現れますがまずはつかれを放置していると筋肉の張り感が強く出てきます。そうすると血流の流れが通常よりかも低下し、それが下肢にたまり結果として浮腫となります。そしてもう一つ筋肉の張り感を残したままだと代表的なものとして足底筋膜炎という症状につながりやすくなります。足底筋膜炎の症状は代表的な症状として、足の裏の痛みが強く出ます。朝起きてから常に痛い、歩き始めると徐々に痛みが引けてくるが、蹴り出す瞬間に土踏まずがピキッとちぎれるような痛み、鈍痛、すぐ釣るような感覚が出やすくなってしまいます。

  5. 当院の足の極みとは

    明るい挨拶

    当院の足の極みとは足のむくみが常に気になる。足底筋膜炎に悩まされている。ふくらはぎが常に張っている。足が疲れやすい。常に立っている。常に座っている。などいろいろな方に対応している治療となっています。まずは脹脛の筋肉を緩め、その次に片足ずつ足底、特に足首を中心に手技を行います。足首には骨が7個ありバランスがとても崩れやすいためアライメント調整を行い、その次に足趾のバランス、関節を調整し、メインとして縦アーチといわれる土踏まずを形成します。ここで扁平足と言われる土踏まずがうまく形成していない方はかなりの改善が見込めます。全体的な手技が終わるとふくらはぎにコース別に分かれているクリームを塗り込みます。松コースではノンエフクリームと言われる痩身ジェルを塗り込みむくみを全体的に取り除きます。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    まず効果としてかなり変わるのが足のむくみに変化が出ます。筋肉のむくみがあることで疲労回復の遅延、冷え性などの血行障害などの原因もありますが、施術を受けることでむくみによる皮膚の張り、筋肉の硬さが緩んでくれて良くなることにより回復能力の向上、冷え性の抑制などが見込まれます。加えて近年勤労層の方は革靴やヒールなどのふくらはぎに負担のかかる靴を履かないといけないため辛さを抱えている人が多くいます。こちらの施術を行うことで少しでも仕事での疲れを取り除き明日への活力を与えることができます。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    明るい挨拶

    足の症状を改善するために必要な施術頻度は最初の期間は毎日ご来院して頂き股関節の痛みの変化を少しずつ落としていき日常生活に支障しないお身体作りをしていくことから始まります。【この時期の症状の頻度は10にです】最初に短期集中的に痛みや辛さを取っていかないと将来、歩けなくなってしまう事が起きてしまいます。最初の期間としては3週間から1ヶ月見て頂くといいと思います。痛みや浮腫が少なくなってきたら1週間に2回~3回のペースで行っていきます。【この時期だと症状の頻度は5~6です】ふくらはぎの柔軟性が少しずつ広がっていき運動もジョキングが出来るようになり動ける範囲が広がってきます。最初に痛みや浮腫が出てきていた時と比べてマシにはなってきますがこの時期から横ばいになる事もあります。そういう時に諦めてしまう事が非常に多くなり「いつになったらなおるんだろう」と出てきてしまいますがここで踏ん張って治療にしっかり整骨院に来て頂いてやっていく方向が良いです。最後に痛みや浮腫がほとんどない状態【この症状の頻度は1~2です】痛みや浮腫がほとんど消え整骨院に通っていただき頻度として週に1回のペースでのご来院になります。どんな方向からでも耐えられるような仕組みにしていきます。最終的にはメンテナンスをしっかりやっていく状態です。ここで気を抜かずしっかり状態を整えていく必要があります。痛みや浮腫の状態がゼロになりそこからプラスの方向になり、卒業になります。最後にファースト整骨院の特徴として平日と土曜日4:30~23:00で日曜日と祝日は13:00~20:00のお時間で行っています。是非、お越しください。