MENU

悩みタイトル

長時間肘を曲げてると痛い
仕事、スポーツ中に痛みが出る
皿洗い、お洗濯など日常生活に支障が出てる
寝返りなど肘を押し付けるなどすると痛みが出る
やや重いものでも持ち上げた時に痛みが出る
上記に箇条書きさせていただきましたがそういったお悩みを抱えた方はいらっしゃいますか?
どうしてこのようなお悩みを抱えることになったのか、今後の変化は?どうればいいの?そういったお悩みをお持ちの方、是非一読頂ければと思います。

肘の痛みに関する当院の考え

肘の痛みですが、主婦・趣味でテニスやゴルフをする方で肘が痛む場合は上腕骨内側上顆炎を考えます。上腕骨内側上顆炎は別名テニス肘とも言われています。しかし実際にテニスで起こるのは少数で、多くは日常生活で起こります。
症状は肘の外側が痛みます。手のひらを下にして物を持つと痛み、手のひらを上にして持つと痛みません。この病気は肘の外側に付いている手首を甲の側に反らす筋肉の慢性的な疲労が原因です。

関節リウマチは、関節を包んでいる関節包の内側にある「滑膜」に炎症が起こり、関節が破壊されていく病気です。全身の関節に痛みやこわばり、腫れなどを発症します。

肘の痛みを放っておくとどうなるのか

肘の痛みと言っても様々な肘の痛みがあります。
例えば
→部管症候群
テニス肘(上腕骨外側上顆炎)
肘内障
上腕骨顆上骨折
野球肘
変形性肘関節症
前骨間神経麻痺・後骨間神経麻痺
尺骨神経麻痺
などがあります。
その中で1番多いのが、テニス肘です。
放っておくと、上腕骨外側上顆に痛みが日常生活動作でも現れ、物を持つ際の疼痛、悪化して前骨間神経麻痺、後骨間神経麻痺、尺骨神経麻痺といった神経症状に繋がります。
また、放っておいた状態は痛みをカバーさせようとして違う所に力が加わるので、変形を引き起こす事も考えられます。
炎症なので、安静も軽減の一つですが、安静と放置は違うので、わからなければ一度当院をご来店下さい。

肘の痛みの解消方法

肘の痛みの軽減方法として、筋肉が原因で痛みが出ている場合、痛み始めの初期の場合はアイシングし、その後ストレッチを行うのが大まかな流れとなっております。肘には様々な筋肉、靭帯などが付着しており、スポーツ障害の場合だとしっかりケアを運動後行わなければ軽減にはつながりません。

個人でできる軽減方法として代表的なのがストレッチです。屈筋郡と呼ばれるものと伸筋群と呼ばれるものが肘には付着しているのでそれぞれしっかりケアを行い軽減につなげる必要があります。
患者様、1人1人症状は違うので、全てが当てはまるわけではないが、確実に変化は出ます。

肘痛軽減のためにオススメする当院の施術メニューとは

肘痛の原因となる症状にもよるが、一般的に多い症状として「テニス肘」「ゴルフ肘」「野球肘」「変形性肘関節症」「関節リウマチ」などが有ります。

これからの症状を見分けるには病院の検査は勿論、徒手検査を行ない確認することが大事になってきます。特に「変形性肘関節症」と「関節リウマチ」は施術する際に気付かないでそのまま肘関節を動かしてストレッチや手技療法を行なってしまうと悪化する可能性が有ります。そういったリスクを減らす為に当院のオススメは鍼療法と電気療法です。
鍼は関節に直接鍼をしなくっても周辺の筋緊張を緩和し、血行、血流改善を行ない、関節に留まっていた痛みの原因である発痛物質や老廃物を流します。

鍼が苦手な患者様には電気療法がオススメです。電気を流す事により鍼と同じ効果で肘の痛みの原因である発痛物質と老廃物を流し壊す作用が有ると考えられています。 なので、鍼療法と電気療法をオススメ致します。

その施術をうけるとどう楽になるのか

先程、まずは鍼療法をオススメしました。
鍼の効果としまして、痛みのある箇所まで直接刺激を入れられる。血流改善、痛みの感受性を抑える働きがあります。
痛みが出てる際は無理やり動かすより、炎症を抑える事を第一優先になりますので、まずは鍼療法で痛みを抑制させてから、次に矯正になります。

矯正は正しい筋肉、骨格を作る事で正しい筋肉の動きを生み出す効果があります。
肘は日常生活でごく当たり前で使うので、日常生活での負担の軽減、それ以上の施術を行う事で、対応をさせて頂きます。

軽減するための施術頻度は

理想ベースとしては序盤は理想は毎日の通院、最低でも2日に1度と言われています。
理由としてお身体でも日常生活の中での使用頻度が高く他の場所と異なり痛みのある状態に戻ってしまいます。
その為、序盤の理想ペースは毎日か少なくとも2日に1度ということができます。

徐々に鍼の効果が出てきて良い状態の持続力が向上したら日数を空けたり上記の矯正などに移行してさらに効果の持続力を上げたりする事が当院ではオーソドックスな流れとなっています。

肘の痛み、症状は放っておけば将来的に痛みが襲ってきてあなたを不自由な生活へ追い込んでしまいます。
少しでも気になる方、是非当院へ一度足を運んでみてください。