悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    皆さまこのような症状でお困りな方はいらっしゃいますか?
    長時間座っていることが多くお尻に痺れがあり座っていられない方
    荷物を持ち上げようと前屈すると痛みが出る方
    長時間立っていると下肢にかけて痺れがり眠れない方
    仰向けで足を上げれない方
    ふくらはぎから親指の内側に違和感がある方
    このような症状で不安に思っている方早く原因をみつけ少しでもお役に立てればと思い、是非下記を読んでいただけると幸いです。

  2. 坐骨神経痛に対する当院の考え

    明るい挨拶

    坐骨神経痛に対する当院の考えとしてまず坐骨神経痛とは坐骨神経が様々な原因によって圧迫、刺激されることであらわれ、痛みやしびれるような痛みなどの症状のことを言います。
    多くの場合、腰痛に引き続いて発症、次に臀部や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みや痺れるような痛みが現れます。原因として多く挙げられるのは椎間板障害(ヘルニア等)、腰部脊柱管狭窄症、分離・すべり症・変性すべり症、絞扼性神経障害(梨状筋症候群)、仙腸関節炎、股関節疾患が多く当院に通われている患者様の中でもいずれかの原因に該当する方が多く通われております。

  3. 坐骨神経痛を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    このブログ内では坐骨神経痛についてお話しさせていただいていますが坐骨神経痛を放っておくとどうなるかをお話しさせていただきます。坐骨神経痛を放っておくとまず将来的には歩行に支障が出る、朝起きた時に太ももの裏が痺れて痛いなどの症状が固定されてしまいます。初期の段階では主に仕事の関係上長時間座っていることが多く長時間座っているとおしりから太ももにかけて痺れ、痛みが出る。歩いている時に腰、足の痛みがひどくなる。足だけではなく、腰にも痛みが広がってくる、体をかがめると痛くて靴、靴下をはく時に支障が出てしまうなど日常のあらゆる動作で支障が出て来てしまいます。

  4. 坐骨神経痛の軽減方法

    明るい挨拶

    坐骨神経痛とは、座骨神経に沿ってお尻から脚にかけて起こる痛みです。坐骨神経痛を引き起こす病気としては、腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が1番多いです。
    改善方法として1番は安静にする事です。多くは仕事の姿勢や腰への過度な負担から引き起こされます。
    現実は仕事を辞めて治療に専念する事は出来ない方がほとんどなので、状態をみて観血療法もあります。
    手術をして、ヘルニアや狭窄症で影響した坐骨神経の圧迫を取ってあげられれば症状改善にはなります。
    だか、観血療法のリスクを考えると、保存療法での安静が第一です。

  5. 坐骨神経痛の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    当院では椎間板ヘルニアや腰部狭窄症での坐骨神経痛には、まず温熱療法をほどこします。温める事で筋肉が弛緩し、神経の圧迫をとります。
    その後にマッサージや鍼治療もオススメしています。鍼は深部の凝り固まった筋肉に直接アプローチ出来るので、坐骨神経の出口や、通り道が狭くなってる筋肉への治療です。
    その後にストレッチを入れてます。ストレッチは筋肉を伸ばし同じく圧迫された神経などにアプローチかけられます。
    ご自宅でのケアはお風呂に15〜20分浸かって深部まで温めて、出てからストレッチしてもらう事を勧めております。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    当院の治療では筋肉の固さを取ることです。
    筋肉に硬結ができると血管や神経を圧迫します。神経を圧迫するとシビレが増強する可能性が高くなります。
    遠赤外線で温めて血液の循環を改善し、手技治療で筋肉をほぐします。また手技治療では表面の筋肉にはアプローチしやすいですが深層筋には届きにくい為、鍼治療や電気治療で深の筋肉にアプローチします。
    それにプラスで筋膜ストレッチを一緒にすると効果的です。臀部から下腿まで広い範囲をケアできます。

  7. 改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    改善する為の頻度として最初2〜3週間は最低2日に1回が理想になります。
    理由として坐骨神経痛は痛みのあるおしり、太ももは座った状態だと圧迫され痛みが出てしまいます。
    生きてる上で食事、デスクワークの仕事など座らずに1日が終わることの方が少ないのが現状の時世になります。
    どんなに時間が無くても初回からある程度仕事が落ち着くまではコンスタントに施術を行い徐々に日数を空けるような頻度が理想となります。
    患者様によって症状の具合も変わってきますのでお悩みがございましたが当院へお越しいただきご相談していただければと思いますのでご来院お待ち申し上げます。