膝の痛み|東京・千葉を中心に120店舗の鍼灸整骨院(接骨院)を運営|株式会社クラシオン

膝の痛み

悩みタイトル
  1. 膝が痛い

    突然ですが、膝の痛みにお悩みの方はいませんか? 膝には体重の役90%以上の荷重がかかると言われており、二足歩行を続けていれば、必ず痛みが出てしまう構造になっています。痛みが出ずに一生を終える方の方が少ない場所と言われているのです。 でも、できれば膝の痛みに悩むことなく生活したいものですよね。 皆様の中にも、階段を下りるときが怖い。階段が上れなくなってきた。正座ができない。もう何年もしていない。自転車に乗れなくなってしまった。膝を曲げて歩けない。など膝の痛みに悩まされている方はいませんか? そういった膝の痛みで今一番多いのは「変形性膝関節症」です。

  2. 膝の痛みに関する当院の考え

    膝が痛い

    当院では「変形性膝関節症」の患者様を多く診させていただいています。 そんなこと言っても、まだ若いから自分は違う。そう思っている方も多いのではないでしょうか?変形性膝関節症になるメカニズムは、初期では大腿部(ふとももも)の筋肉が硬くなり膝のお皿の下が痛む方などが将来的になる可能性が非常に高いです。なので、若くして膝に痛みや違和感がある方は、将来的に殆どの方が変形性膝関節症になってしまう、「予備軍」にいると考えていただいた方がいいでしょう。 変形性膝関節症は膝の軟骨がすり減り、ささくれのような棘ができます。この棘が神経に触れて過敏な神経反応が起き、刺すような痛みを伴います。この膝の軟骨は消耗品です。使えば無くなりますので、代わりになる正常な大腿部の筋肉が必要になるのです。つまり大腿部の筋肉を改善することで膝の負担を軽減する事が出来るのです。

  3. 膝の痛みを放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    この膝の痛みを放っておくと、当然消耗品である軟骨はどんどんすり減り、しまいには骨同士がぶつかりさらなる痛みを出すこともしばしばです。 しかし、変形しても中には痛みが出ない人もいます。軟骨が潰れ、神経に触れても痛みを感じない方もいるのです。なのでこの変形性膝関節症の痛みは、まだまだ解明されていない事も多くあるのです。 しかし、変形が進み骨にまで到達すれば痛みが出る事は間違いありません。そこまで行くと人工関節を入れるしかありまん。手術すればいいのか。そう思うかもしれませんが、人工関節になれば膝は最後まで曲がらず床に座ることも出来ず、日常で様々な支障をきたしてしまうようになるのです。 変形性膝関節症は生活状況や今までの身体の使い方が問題で起きています。なので改善しなければどんどん進行していくのです。 痛みがあるのであれば決して放っておいてはいけません。

  4. 膝の痛みの軽減方法

    膝の痛み

    では、どうしたら膝の痛みを止める事が出来るのか? 変形している以上、その変形を修復することは不可能です。 しかし、軟骨にできた棘が神経を刺激していたら、もう痛みは一生取れないのではないか?そう思う方もいると思います。 実際にそういった方も多くいました。これは膝にかかる負担を軽減する事が出来ず、棘がどんどん増えてしまいます。負担を軽減すれば棘の数は増えずにすみます。そして今までの棘は先端が徐々に丸くなってくる人がいます。そうなる事で神経への接触や刺激が軽減します。つまり痛みが治まるのです。 そのためには膝のクッションである軟骨の代わりになるものが必要です。 本来であればこの代わりになるのが大腿部(ふともも)の前側の筋肉です。 正確に言うと大腿四頭筋です。この筋肉が正常に使えるようになり、本来の機能を果たせば膝の負担を減らす事が出来るのです。

  5. 膝痛改善のためにおすすめする当院の施術メニューとは

    明るい挨拶

    今、すでに変形性膝関節症になってしまって日常生活で支障をきたしている方には当院では「神経筋電気刺激療法」を最も推進しています。 大腿部の筋肉に電気を与え、固まった筋肉を柔らかくするのと共に筋力を強くする事で大腿部の筋肉を使えるようになるのです。 次に必要な事が「矯正治療」です。変形性膝関節症の方は、みなさんO脚になっています。O脚は更に大腿部の筋肉を硬くします。それにより大腿部の筋肉の機能を低下させるのです。それを正しい状態に戻す事で膝にかかる負担を軽減させるのです。 そして、まだ膝を90度以上曲げる事が出来るのであれば「筋膜ストレッチ」を推奨しています。筋膜ストレッチは通常のストレッチよりもさらに筋肉を柔らかくする事が出来る治療です。これにより脚の機能を回復させる事が出来るのです。

  6. 治療頻度その治療を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    では、当院で治療を受けるとどうなるのか? 1回でも実感できる効果は膝の可動域が広がる事です。 最初に曲げた状態よりもさらに膝が曲がる事が実感できます。 そして歩きやすくなったとのお声をいただく事がとても多いです。歩きやすくなる、曲がるようになるという事は膝への負担が減っている事を意味します。 膝への負担が減る=軟骨の消耗を減らせる ということになります。最も重要なことは膝のクッションの消耗を抑えることです。膝のクッションがなくなればなくなるほど膝の痛みが強くなるからです。膝の痛みが軽減されれば、今まで痛くて苦労した階段の上り下りや散歩などができるようになったりします。 また、自転車もスムーズにこげるようになりお出かけが楽しみなったなどの喜びの声もいただいています。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    ストップウォッチ

    改善するためには治療の回数が必要になります。 具体的に言うと週に3回以上の治療が最も最短での効果を出す事ができます。 なぜそんなに必要か?単純です。足は毎日使うものです。 膝が痛くて悩んでいる方は間違いなく毎日歩いています。つまり毎日負担がかかっているのです。痛みを早く減らしていきた場合、可能であれば毎日でも来ていただくと効果が更に出やすいです。 しかし、中にはそんなに来れない方も当然いらっしゃるので、最低でも週に2回以上の通院を推進しています。