膝の痛み

悩みタイトル
  1. 膝が痛い

    立ち上がる時に膝が痛む
    階段を上がる時に膝が痛む
    歩いている時に膝が痛む
    膝の曲げ伸ばしがしにくい
    正座ができない
    膝が熱を持った感じで腫れている
    膝に水が溜まっていると言われた
    膝に違和感がある
    運動をすると膝に痛みが出るが休むと痛みがなくなる
    膝が急に動かなくなる時がある
    膝蓋骨が不安定で不安感がある
    膝の引っ掛かりやズレを感じる時がある
    膝関節が変形している、左右の膝の形が違う
    膝がこわばる、またはツッパリ感がある
    膝を動かすと音が鳴る

  2. 膝の痛みに関する当院の考え

    膝が痛い

    膝の痛みは症状も原因も様々である。 たとえばその原因は、リウマチ性疾患、腫瘍性疾患、外傷性疾患、代謝性疾患、変形性疾患など複数ある。 それぞれ痛みや水が溜まる、熱感、腫脹であったりガニ股や内股、変形などの症状がでる。 また膝の痛みという症状1つとっても、内側が痛い人もいれば外側が痛い人もおり、裏側だけが痛いという人もいる。 寝る時に痛い人もいれば、運動する時や階段を上がる時、立ち上がる時、歩いている時に症状が強まる人もいる。 このように症状や原因も様々であるが、進行度合いによっては歩行困難や寝たきりになる危険な兆候でもあるため、膝が痛いだけだと安易に考えるのは良くない。 思っているよりも危ない症状に進行する可能性もあるので、お近くの整形外科や整骨院で診てもらうことをおすすめします。

  3. 膝の痛みを放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    膝の痛みを放っておくと、様々な悪影響が生じる。 例えば関節軟骨や半月板がすり減った結果、生じたかけらが滑膜を刺激して痛みを生じたりする。 その痛みを軽減し楽にする治療として薬物療法があげられるが、それはあくまで対処療法であり根本療法ではない。 多くの場合必要なのは運動療法である。 関節を支える筋肉を鍛えると、関節を安定させるだけでなく負担も減らすことが出来る。 また運動により血行が促進され、痛みを発生させる物質を血中に吸収、かつ肥満の状態から脱して膝の負担をさらに減らせるという利点も考えられる。 運動療法の欠点は、痛いと運動したくなくなる点と、痛みを我慢して無理に行うと炎症が悪化してしまうという点である。 しかし運動をしないと、動かさなかった筋肉は萎縮してしまい、より動かしづらくなってしまう。 また運動不足の状態のまま放っておくと、膝だけでなく股関節などにも悪影響が及び、より悪化のスパイラルに陥ってしまう。 このような事態を防ぐために、まず痛みを放っておかず治療を行う事が必要である。

  4. 膝の痛みの軽減方法

    膝の痛み

    膝の痛みの改善方法としては運動療法やEMSがある。 EMSは大腿四頭筋を鍛えることができ、軟骨の摩耗対策に効果的だ。 またスクワットや足上げ運動でも大腿四頭筋を鍛えることが出来るが、痛みがある時は無理に行う事はすすめられない。

    しかし痛いからといって全く動かさないと、筋自体が萎縮してしまい、体重を支える股関節や膝の負担が増大してしまうので気を付けたいところだ。 さらにストレッチも有効である、筋膜を伸ばし可動域を広げることで負担を減らすことができる。

    大切なのは続ける事なので、続けやすいように日常生活の一部として行えるように、日々の生活に無理なく組み込むことも重要だ。 続けにくいと人は見えないところで楽をしようとする癖がある。出来るだけ人が見ている所を設定するなど、工夫すると良い。 痛みの改善は一朝一夕で効果が出るものではない。とにかく続けていく意思と行動が何よりも大事だ。

  5. 膝痛におすすめする当院の施術メニューとは

    明るい挨拶

    ①筋膜ストレッチ
     下半身の柔軟性を向上させることができる施術。膝の痛みの主要部分を占める筋肉由来の痛みでお悩みの患者様に効果を実感して頂ける。また下半身の筋肉を伸ばすことにより、下半身のむくみや腰の辛さに対応し、施術後は足取りの軽さを実感される方も多い。

    ②O脚矯正
     下半身のアライメント不良による膝の辛さが現れることがある。その場合この施術は膝関節のアライメントを改善していくことで膝痛の緩和に繋がる。また足長効果や美脚効果もあるため、女性に人気の施術であることも付け加えておく。

    ③下半身矯正
     腰から下半身にかけての症状に効果があり、下半身の可動域不足や下半身の筋肉の硬さ、アライメント不足による痛みに効果がある。

    ④EMS
     膝の痛みの原因の多くは筋力不足によるものが多い。特別な電気施術機器であるEMSは、電気信号を送る事で筋肉を刺激し、寝たままでも筋トレを行うことが出来るマシンである。

  6. 施術頻度その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    膝の関節は健康な毎日を送るためにとても大切な役割を担っている。 しかし膝に歪みが生じると、骨盤が身体の均衡を保とうと身体の左右どちらかに偏り、負担がかかり続けることで膝以外の他のところに痛みが出る事が多い。 また骨盤の歪みが起こると、腰に悪影響を及ぼし腰痛の原因にもなるので注意したい。 当院は身体の状態を詳しく確認し、一人一人にあった施術を提案します。 整形外科の医師も推薦する独自の施術を行っているので、効果を実感していただけます。 まずはお気軽にご相談ください。 堅苦しくなってしまったが、お身体の不調が続くことほど辛いことはないので、そんな辛さにはなるべく早く終止符を打ちましょう。

  7. 施術頻度はどのくらいか

    ストップウォッチ

    治療頻度はお身体の状態によって異なります。 アライメントを改善するうえで骨格ヘのアプローチが必要となるため、人によって個人差はありますが、6ヶ月をおおよその目安の期間と考えて頂いて良いでしょう。 皆さんの生活スケジュール、プライベートに合わせて週2回以上の施術を続けると効果的です。 身体に良いことは継続することが大切です。 百聞は一見にしかず、百見は一触にしかず、皆さんにはまず当院の施術を一度受けて体感して頂きたいです。

筋肉・骨格のプロの施術家 柏南口整骨院にお任せ下さい。

国家資格【柔道整復師】による本格整体!
当院の施術は医師による監修を受けておりますので
安心!安全!効果的!

当院のこだわり

整体

身体が正しいバランスに整うことによって、長年のつらい症状もスッキリ改善していきます。

柔整マッサージ

柔整マッサージとは、当院オリジナルの手技療法です。全ての治療の原点と捉えており、当院の治療の大黒柱です。

骨盤矯正
姿勢矯正

当院は「姿勢改善」に注力した施術構成になっております。

鍼施術

当院では、国家資格保有者による鍼施術を行っております。

産後骨盤矯正

妊娠や出産にともなう骨盤の開きを正す矯正です。

美容鍼

美容鍼で真皮層を直接刺激することで、細胞分裂が促進され、肌にハリと弾力が生まれます。使用する鍼は大変細いものなので、痛みもほとんどありません。

交通事故治療

当院独自の「むちうち専用プログラム」で、交通事故によるむちうちを根本から改善します。また保険会社との交渉代行なども行っておりますので、ご相談ください。

柏南口整骨院
千葉県柏市
JR柏駅から徒歩4分!

柏南口整骨院
〒277-0852 千葉県柏市旭町1丁目7−11
tel:04-7145-2550

受付時間

平日
10:00~12:30 15:00~21:30
土日祝 8:00~12:00 14:30~17:00

ご予約・お問合せ

営業時間内の受付

お急ぎの方、営業時間内のご予約やご相談は、お電話にて承ります。

電話する (04-7145-2550)

営業時間外の受付

営業時間外のご予約は、ネットにて承ります。当院からのご連絡は、翌営業日になります。

ネットで受付する

柏南口整骨院
〒277-0852 千葉県柏市旭町1丁目7−11
tel:04-7145-2550