悩みタイトル

母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚し分厚くなったり、腱の表面が傷ができたりして、さらにそれが刺激し、痛みや痺れ、熱感が生じている。
指の動きが悪くなったり、指がまがったまま伸びなくなる。
痛みや痺れが出やすいのは親指から人差し指にかけての領域である。また中指・薬指が曲げ伸ばしが困難になることが多い。
関節リウマチなどの化膿性疾患によって炎症が起きている
産後や更年期障害などに悩んでいる

腱鞘炎に対する自院の考え

腱鞘炎とは基本的には日常生活やスポーツなどでの使いすぎ(オーバーユース)によって生じることが多いです。しかしながら炎症によって痛みが発生する腱鞘炎もあり専門期間の受診が望まれます。厳密には腱周囲にある組織である腱鞘で何かしらのストレスがかかり発生します。腱鞘炎の経過として基本的には保存療法が原則になってきますが手術が適応になる例も存在します。そのような状態にならない為にも日頃から腱組織に対して負荷を掛けないことが重要になってきます。そのように腱組織に負荷を掛けない為にも正しい姿勢で動作を行えているかどうか?と本来の使い方で筋肉を使えていることが重要になります。 そのような状態に陥ってしまわないように日頃からの正しい姿勢や正しい筋肉の使い方ができるようにしていきましょう。

腱鞘炎を放っておくとどうなるのか

腱鞘炎の予後としてどのようにしてしまうと悪化し負荷を掛けてしまうのかということに触れていきます。 腱鞘炎の病態は手首や足首など腱鞘がある組織の使いすぎなどのストレスで腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。このような状態が続くと指の曲げ伸ばしが困難になってくる可能性がありスポーツなどでは指が一本使えなくなってくるだけで全体の動きが出にくくなり生活の質が脅かされる可能性があります。このようなことは日常生活でも考えられることが多くその指を使わなかったとしても全体の連動性が損なわれてしまいます。

当院の腱鞘炎に対する施術とは

腱鞘炎の軽減方法として負荷が一つの指に集中してしまわないように、内方肩にしないということが重要になってきます。内方肩という肩が内巻きになってしまう状態が続くと親指や人差し指といった使いやすい指ばかりを使ってしまうこととなり、腱鞘炎の中でも多くを占めるド・ケルバン病に行き着いてしまいがちです。軽減法として安静(固定も含む)また腱鞘の中にステロイド剤注入などの保存的療法を行います。 軽減しない場合や再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術を行います。その際、隔壁の切除を行うことと橈骨神経浅枝の保護に注力します。 これによって腱鞘での炎症が改善されると痛みを発する物質がたまりにくくなり症状を感じにくくなります。

その施術を受けるとどう軽減するのか

腱鞘炎の症状として皆さんが気になる要因として痛み・動かしづらさ・痺れが特に多く考えられるので、それぞれの症状に対しての軽減法を解説していきます。 ・痛み 腱の部分に炎症が起きることによって痛みが生じています。その痛みに対しては安静にした上で身体の回復の反応を早めてくれる鍼療法がオススメです。当院では自社グループの施術家コンテストにて入賞経験が豊富な鍼灸師が在籍しており適切な触診を行なってから指針に移ります。 ・動かしづらさ 腱の部分で炎症が起きている状態ですがなぜ腱に負担がかかっているのかをたどっていく筋肉の連動性がかけているという点に集約されます。その中でも肩甲骨周りの筋肉が硬いことによって手首に負担がかかりやすくなっています。そんな方には肩甲骨はがしが有効です。肩周りの筋肉を緩めることは代謝の向上にも効果が期待できます。 ・痺れ 神経や血管が圧迫されている状態では痺れをきたすことがあります。その為には筋肉の硬さをとり身体の硬さが出にくい身体づくりとして姿勢矯正がオススメです。

施術頻度はどのくらいか

当院の施術は整形外科医の長谷川医師が推薦しており全て安心してご利用いただけます。腱鞘炎の痛みや痺れ、指の動かしにくさなどのあらゆる症状に対して患者様の症状や辛さ、悩みあった施術メニューを提供しておりますので、痛みや痺れや繰り返す手首のの辛さに対してしております。 肩甲骨はがしや鍼療法などは体の治癒力を高める施術のため、理想は週に三回以上行うことが好ましいですが皆さんの症状の度合いや生活スタイルによって上記の期間や頻度は変わって来ます。 柏南口整骨院は、皆様に通いやすいと思われる整骨院になる為に日々尽力して参ります。 お陰様で、たくさんの患者様にご来院頂いており、感謝申し上げます。 ぜひ皆様、柏南口整骨院へご来院ください。