手足のしびれ

悩みタイトル
  1. 膝が痛い

    正座した後の足のようにビリビリして動かせない
    感覚が鈍い感じ
    手足に力を入れにくい
    正座をしていた
    腰痛がつらくて、足のしびれも気になる
    いつも足の裏に何かが張り付いているようで、しびれている
    足が痺れて歩くのが辛い


  2. 手足のしびれにおける当院の考え

    膝が痛い

    手足の痺れが起きる原因としては大きく三つ考えられます。
    1つは脳に疾患があり半身に痺れがある場合です。
    2つは手足の筋肉の硬さや関所での狭窄によるものです。この場合の痺れは障害された場所よりも下に痺れが生じます。
    3つ目は脊椎に構造的な問題が起きシビレが起きる場合です。

    体に痺れが起きる原因は数多くありますがこの中の2の筋肉の硬さや障害されるものによるものが多いです。 一時的なしびれを感じたら無理に動かすとしびれを悪化させるたり、こむらがえりの原因となることがあります。しびれが自然におさまるのを待ちましょう。筋肉が硬くなってしまった時に特にシビレが現れることが多いです。また肩こりがひどい場合や、腕や背中のあたりが冷たくなったりするとしびれに似た感覚を感じることがあります。これらの症状は、手足の先の血行不良によって起こります。

  3. 手足のしびれを放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    一般的に体の悪化過程である硬結 › 痛み › 痺れ の順で症状が強くなってくるため、 慢性的に手足にシビレ感が残っている状態というのは筋肉に硬さがある状態の最終段階なので専門の機関を受診することが勧められます。
    肩こりや重いだるさなどの血行不良からくるしびれは、それほど深刻ではないことが多いのですが、症状がある皆さんにとってはつらいものです。

    しびれの程度が強い場合や長引くとき、または徐々に痛みが強くなるようなときは、整形外科や神経内科を受診しましょう。 その他の疾患が疑われるときには、専門の機関に相談してみましょう。 また高度で保存療法が難しいものや母指球筋のやせたもの、腫瘤のあるものなどは手術が適用になります。手術には、以前までは手掌から前腕にかけての大きな皮膚切開を用いた手術を行っていましたが、現在はその必要性は低く、内視鏡を用いた鏡視下手根管開放術や小皮切による直視下手根管開放術が行われています。

  4. 手足のしびれの軽減方法

    膝の痛み

    手足にしびれがある状態というのは神経が通っている道の間で筋肉や関所の部分によって締めつけられている状態になります。その症状を緩和あるいはなくすためには、筋肉を緩めることや身体の動きをスムーズにすることが求められます。関所の部分で締めつけられている場合は根本的には整形外科によるオペレーションが求められます。当院ではそういった症状を緩和させるために関節の動きをスムーズにする施術や関節に電気をあてる施術行なっています。 他には筋肉が硬くなってしまっている延長線なのでその硬さを取ることが出来ればシビレや痛みを取ることに繋がります。また、しびれの原因を早期発見するには「どの指が」「どんなふうに」「いつ」しびれるのか、特徴をしっかり把握しメモをとるなどして、症状をできるだけ具体的に医師に伝えることが重要です。

  5. お勧めする手足のしびれに効果的な施術メニューは?

    明るい挨拶

    手足の痺れの生み出す原因として神経の通り道、すなわち管が締めつけられたりすることによって、神経が圧迫され手足の痺れが生じます。通り道が締めつけられる原因に姿勢の悪さや筋肉の硬さが挙げられます。現代の私たちはスマートフォンや電子機器の普及により、様々なことが円滑に行えるようになりましたが、それと同時に身体を動かす機会が減り姿勢不良や筋肉の硬さが出やすくなっています。その硬さが出やすい皆さんの体に対しての施術があります。

    肩甲骨はがし
    デスクワークで首肩周りの筋肉の硬さが出やすくなり、肩関節の可動域減少や肩の重だるさがある方が可動域や重だるさの軽減が見込めます。

    全身矯正
    日頃の座っている姿勢やスマートフォンを扱うことによる頭部前傾によって背面の痛みや姿勢が乱れていることによって神経が圧迫されておこるしびれに対して効果的です。

    はり療法
    筋肉の硬さや痛み、しびれが起こる過程で発生する物質を早く流すことができそういった症状の緩和が見込めます

  6. 軽減するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    しびれの原因が筋肉の硬さである場合と神経の通り道が狭くなってしまっている場合があります。筋肉の硬さが原因で痺れが出ている場合その筋肉の硬さが取れれば痺れは消失していきます。筋肉の変化は3ヶ月単位で筋細胞の生まれ変わりが起こり、症状の変化が見られます。3ヶ月単位で変化が起こるため、その機関内にできるだけ多くの回数筋肉に刺激を送ることが好ましいです。その中でも最低限週に2回以上の筋肉とアプローチと意識が必要になってきます。 姿勢の変化は6ヶ月以上で週2回以上の計画で見ていく必要があります。長い期間に思われがちですが姿勢は皆さんが今まで生きてきた期間にかかってきたストレスによって増悪します。なので姿勢を正しくしてあげることによって呼吸で息を吸い込みやすくなったり歩くのが早くなったりと日常生活の質を高めることができます。 このように痺れを軽減させるだけでなくプロの手を借りて日常生活を良くする一歩を踏み出しませんか?

筋肉・骨格のプロの施術家 柏南口整骨院にお任せ下さい。

国家資格【柔道整復師】による本格整体!
当院の施術は医師による監修を受けておりますので
安心!安全!効果的!

当院のこだわり

整体

身体が正しいバランスに整うことによって、長年のつらい症状もスッキリ改善していきます。

柔整マッサージ

柔整マッサージとは、当院オリジナルの手技療法です。全ての治療の原点と捉えており、当院の治療の大黒柱です。

骨盤矯正
姿勢矯正

当院は「姿勢改善」に注力した施術構成になっております。

鍼施術

当院では、国家資格保有者による鍼施術を行っております。

産後骨盤矯正

妊娠や出産にともなう骨盤の開きを正す矯正です。

美容鍼

美容鍼で真皮層を直接刺激することで、細胞分裂が促進され、肌にハリと弾力が生まれます。使用する鍼は大変細いものなので、痛みもほとんどありません。

交通事故治療

当院独自の「むちうち専用プログラム」で、交通事故によるむちうちを根本から改善します。また保険会社との交渉代行なども行っておりますので、ご相談ください。

柏南口整骨院
千葉県柏市
JR柏駅から徒歩4分!

柏南口整骨院
〒277-0852 千葉県柏市旭町1丁目7−11
tel:04-7145-2550

受付時間

平日
10:00~12:30 15:00~21:30
土日祝 8:00~12:00 14:30~17:00

ご予約・お問合せ

営業時間内の受付

お急ぎの方、営業時間内のご予約やご相談は、お電話にて承ります。

電話する (04-7145-2550)

営業時間外の受付

営業時間外のご予約は、ネットにて承ります。当院からのご連絡は、翌営業日になります。

ネットで受付する

柏南口整骨院
〒277-0852 千葉県柏市旭町1丁目7−11
tel:04-7145-2550