悩みタイトル

学生やスポーツを続けている皆さん体のどこかに違和感はありませんか?
スポーツ障害というものは筋肉や関節、骨にかかる繰り返しの刺激すなわちオーバーユースや運動特有の刺激によっておきます。
スポーツ障害の名前と症状
オスグッドシュラッダー病 膝の痛み
テニス肘 上腕骨外側上顆炎 肘の違和感 痛み ロッキング
ジャンパーズニー(ジャンパー膝) 膝の皿 膝蓋骨の下の痛み
アキレス腱炎 ふくらはぎからかかとのあたりにかけて痛み進行するとアキレス腱の断裂を引き起こすことがある
アキレス腱断裂断裂を起こすと、歩行時などに痛みがあるのはもちろんですが、治るまでに3カ月以上はかかります。再断裂のリスクは90%以上でその間、ギプスなどで足首付近を固定するので、日常生活にも支障をきたします。それだけに運動をするときには、日ごろからアキレス腱の保護、メンテナンスがとても大切だといえます。
野球肘 肘の内側 後方 外側の違和感 痛み 関節鼠=ロッキング 引っかかりのこと
疲労骨折 筋肉の緊張が強く骨が部分的に損傷すること

スポーツ障害に対する自院の考え

世間的に似た言葉であるスポーツ外傷とスポーツ障害という似た言葉が溢れているためその区別からしていきます。 スポーツ外傷とは、スポーツのプレー中に明らかな外力によって骨や筋肉、腱や靭帯などの組織が損傷した場合をいいます。 例を挙げると転倒や衝突などによって起こる捻挫や打撲、骨折、肉離れ・靭帯損傷などのケガのことを言います。 スポーツ障害とは、スポーツによって繰り返し過度の負担が積み重なり、痛みを主とした慢性的に症状が続くものとスポーツの気質や特性によって起こる損傷のことを言います。 トレーニングの方法やフォームが正しいかどうか、骨の形態(アライメント)、施設の環境、トレーニング時間などといったものも原因となってくるので、まず解剖学的なメディカルチェックをしっかり行い、筋力のバランスや柔軟性・成長度・体力など、そのスポーツ種目に対して適しているかどうかをみてから練習プログラムやトレーニングメニューを立てることが重要です。このようなスポーツ障害を予防するためには、ウォーミングアップやクールダウン、アイシングといったコンディショニングを念入りに毎回行い、スポーツ特性や選手の体力に応じたメニューを作成し選手の体調に応じたトレーニング行うことです。また、骨の成長している思春期の時期には、無理に同じ練習せず種目やポジションを変えたりして痛みの出ている部位への負担を減らすことも重要です

スポーツ障害を放っておくとどうなるのか

スポーツ障害のうち筋肉や腱、関節に影響を与えるものはスポーツ活動を続け放置していると、関節を構成する骨の間にある軟骨が劣化や変性により関節に痛みや腫れが生じ、最終的には関節の変形、炎症をきたす変形性疾患です。 膝や足の付け根、肘、肩などの関節に痛み、腫れなどの症状が起きやすく、関節炎を引き起こします。変形性関節症は適切に対応すれば、「痛み」などのつらい症状を和らげることができます。我慢せずに、しっかりと施術を行い悪化しない体づくりをしていきましょう。短期間でも怪我などのスポーツ障害を庇った生活をすると、体に不自然な負荷をかけ続けることになります。スポーツ障害が発生した場合、痛みの緩和だけでなく体の使い方もリハビリで整えることが大切です。 【柏南口整骨院】では国家資格を持った施術家と、おひとりおひとりに合わせた最適なプランや方向性のご提案し、患者様の健康をサポートいたします。地域の皆様に信頼される整骨院を目指し、患者様の立場に立って施術を行います。お気軽にご相談ください。 スポーツ障害では基本的にはオーバーユースが原因となっているため、基本的には安静が第一になってくるのですが何もせずに練習を続けた場合では後々に後遺症が発生するリスクに差が生まれて来ます。そのため、大切なのはその外傷・障害がおきた際に適切な処置が取れるかどうかが、最も大切になります。

当院のスポーツ障害に対する施術とは

スポーツを楽しむ子供から大人まで、全ての人が悔いなく楽しめるようサポートできたらと私達は考えております。 そんな中で当院でそんな症状の方にあったメニューを紹介していきます。

肩甲骨はがし
肩関節の可動域が悪い方やインピンジメントが見られる場合は骨の動きが悪く衝突して痛みや違和感を感じることがよくあります。

筋膜ストレッチ
オーバーユースやオーバーロードで疲れが残る体でもスポーツ障害が起きやすくなって来ています。また体の柔軟性によっても予防できるスポーツ障害は数多くあり、負担は軽減できます。もちろん予防だけでなくスポーツ障害自体の症状緩和にも効果があります。

筋膜ストレッチや肩甲骨はがしは骨を引っ張る筋膜の緊張がとれる施術ということで骨は正しい位置に導かれていくため、関節をバキバキと鳴らすことをしなくても、体の軽さや姿勢を意識しやすくなり矯正治療と合わせて行なっていくとより効果的です。 とくに、35歳以降の方は運動後に筋肉が硬くなりやすいため、運動後に硬くなった筋肉をほぐして緩めることがとても重要となります。 学生の方やダイエットや筋力アップを目的にハードに運動されている方には筋肉にアプローチする施術が必須のメニューとなります。 気持ちいいマッサージとは違い、効くマッサージになっているので痛みや運動制限に対ししっかり効果を感じていただけるメニューとなっています。

その施術を受けるとどう軽減するのか

スポーツ障害は筋肉に硬さがありそれによって関節や腱に負担がかかり痛めてしまうことが多いです。 自分でケアすることができる筋肉でスポーツ障害を軽減できるなら今からでも対処していきませんか?

まずは前提としては症状が強い急性期に関しては安静にすることが第一となって来ます。そんな中でもスポーツをやりたい思いはあると思いますがここは今後の為にもしっかり休んで今できることをしていきましょうね。 とくに、35歳以降の方は運動後に筋肉が硬くなりやすいため、運動後に硬くなった筋肉をほぐして緩めることがとても重要となります。 学生の方やダイエットや筋力アップを目的にハードに運動されている方には筋肉にアプローチする施術が必須のメニューとなります。 気持ちいいマッサージとは違い、効くマッサージになっているので痛みや運動制限に対ししっかり効果を感じていただける施術となっています。

また筋肉のオーバーロードでもスポーツ障害が起きることがあります。 筋肉に正しい負荷をかけていてもそれがキャパオーバーが起きると傷めてしまう原因になります。体の可動域や姿勢が乱れていてそのような状態になることが多いので当院ではその部分に対してのアプローチをかけて行きます。

施術頻度はどのくらいか

症状が落ち着き始めてスポーツに復帰し始める時です。感覚がつかめなくなって来ている状態かつ体が硬い状態だとまた再発を繰り返しやすくなっているのでそんなときのケア・メンテナンスこそ柏南口整骨院にご相談ください。 学生の皆さんやスポーツに真剣に取り組まれている患者様の生活スタイルに合わせながら最適の治療スケジュールを決めていきますね。 その中でも理想の施術スケジュールとしては運動後週に三回以上復帰してから3ヶ月以内は施術していくことが好ましく、その後も週に一回程度メンテナンスとして行なっていくことが好ましいです。