胸郭出口症候群|東京・千葉を中心に120店舗の鍼灸整骨院(接骨院)を運営|株式会社クラシオン

胸郭出口症候群

悩みタイトル
  1. 明るい挨拶

    最近 腕を上げ続ける動作 つり革を捕まる動作 洗濯物を干そうと腕を上げたとき、肩から腕全体にかけて痺れや刺すような痛みが出ることはありませんか? そこからしびれ感、ビリビリ感などの感覚障害 手の握力低下と細かい動作がしにくいなども生じることがあります。 手指の運動障害や握力低下のある場合、手内筋の萎縮により手の甲の骨の間がへこみ、手のひらの小指側のもりあがりが痩せたりもします。 他にも 鎖骨下動脈が圧迫されると、上肢の血行が悪くなって腕は白っぽくなり、痛みが生じたり、 鎖骨下静脈が圧迫されると、手・腕は静脈血のもどりが悪くなり青紫色になりまます。

  2. 胸郭出口症候群に対する当院の考え

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群は斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群の3つを総称して胸郭出口症候群と言われます。 筋肉の緊張や姿勢から来ているものが原因の場合があるため、そこから治療のアプローチが出来ます。 確定診断は出すことが出来ないため、一度医者に診断してもらいどこぼ場所が原因なのかを一度把握してから治療を行った方が改善しやすくあります。 似た症状として頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、肘部管症候群、脊髄空洞症、腕神経叢腫瘍、脊髄腫瘍などの疾患を除外できれば、胸郭出口症候群の可能性が高くなります。 まずはそのまま放置せずすぐに医療機関に相談することをお勧めします。 その場合当院に来ていただき治療行ってからでも遅くはありません。

  3. 胸郭出口症候群を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群は斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群の3つを総称して胸郭出口症候群と言われます。 胸郭出口症候群は首から肩、腕周りの神経や動脈の通り道が圧迫されることによって首〜肩、腕〜手の痺れや痛み、血行障害を起こします。また筋力の低下から腕や手に力が入りづらくなってしまいます。 この症状を放って置くと、次第に痺れや痛みが頻繁に起こるようになったり、神経に影響を及ぼすことで自律神経が乱れてしまい吐き気や頭痛にも繋がり、日常生活にもかなり悪影響を及ぼします。なのでただの肩の怠さや凝りでも油断せずにお早めの治療をお勧めします。

  4. 胸郭出口症候群の改善方法

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群はデスクワークなど長時間の姿勢不良から来る内包肩、また女性で多いのはなで肩による内包肩により神経や動脈の通り道を狭くし圧迫することで痺れや痛み、血行障害など起こしやすいです。 他にも仕事で重い荷物を持つ作業が多い方や生活習慣からくる睡眠不足やストレスでも筋肉の緊張によって通り道を狭く圧迫し発症します。 なので改善方法としては、神経や動脈の通り道を負担をかけないように姿勢の改善や筋肉が緊張しないように首から肩甲骨周辺の筋肉を緩めたり、生活習慣は体質を改善して、圧迫され狭まった通り道を広げて症状を防ぎます。

  5. 胸郭出口症候群の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    胸郭出口症候群は腕や肩に負担をかけすぎないようにすることがとても大切になってきます。そのため、当院では原因部位やそれによる症状に対しての治療方法はいくつかあります。一つ目は矯正治療です。不良姿勢は筋肉に負荷をかけ続けてしまい、さらに上肢を酷使すると負担がかかってしまうため、根本である姿勢を安定させることで上肢に負担をかけない身体の状態にしていきます。二つ目は猫背矯正です。胸郭出口症候群は上肢を支配する神経と鎖骨下動脈が絞めつけ又は圧迫されることで起こるものです。猫背矯正は特に筋肉が関わっている原因部位に対しての効果があります。3つ目は鍼治療です。胸郭出口症候群は胸郭出口を構成する筋肉の筋緊張に対しての緩和効果が期待できます。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    矯正治療は、姿勢を正しい状態に整えること骨格を支える筋肉の負担を減らすことが出来ます。そのため、斜角筋と小胸筋の筋緊張を緩められ、第1肋骨と鎖骨の間を広げることが期待できます。同時に猫背矯正を行うことで筋肉に柔軟性を与えることもでき、姿勢の状態が戻りにくくなり、相乗効果も期待できます。鍼治療は筋緊張の緩和だけでなく、胸郭出口症候群によって起きてる神経症状の改善に効果的です。また、胸郭出口症候群は長期化する頭痛、不眠等の自律神経症状が伴うこともありこれらの症状も鍼治療が効果的な治療となります。

    改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群は日常生活での負担やストレスなどにより、肩が凝り固まってしまい起こる場合が多くあります。そのため緊張している筋肉を解して上げるために、最初は毎日でも治療をしましょう。また、先程申し上げた通り日常生活での無理な動きやストレスも原因の1つとなるために、当院のスタッフによるアドバイスで日常生活での負担を減らしましょう。