悩みタイトル

頚椎椎間板ヘルニア
・初期症状として肩こりや背中の痛みなどが生じます。また、神経症状として腕の痛みやだるさ、脱力、痺れなどを生じます。重症例では、手足の麻痺を引き起こします。主な症状は上半身に起こりますが、進行すると下半身を支配する神経も障害される為、脚の痛みや痺れ、膀胱障害などの症状を引き起こすこともあります。

胸椎椎間板ヘルニア
・背中の痛み、側腹部の痛み、下肢の脱力感、痺れ、進行すれば下肢の筋力低下や膀胱・直腸障害などの症状を生じます。頚椎椎間板ヘルニアとの違いは、腕には決して症状が出ずに、下半身だけに症状が出ることが特徴です。

腰椎椎間板ヘルニア
・腰椎や神経が圧迫されることにより痛みや痺れ、運動障害など神経症状が現れることもあります。痺れは特に下肢やお尻周辺に生じることが多いです。

ヘルニアに対する自院の考え

腰痛の原因で最も多いと言われているのが椎間板ヘルニアです。 椎骨は姿勢を維持する役割や脊椎の真ん中にある脊柱管という管の中を通っている脊髄を守る役割をしています。 椎間板とは弾力性に富む組織であり、コラーゲンを多く含みます。また、椎骨同士の衝撃を吸収し、クッションのような役割をしています。楕円状の構造をしており、通常は椎骨の間におさまっていますが、衝撃や荷重が持続して加わることで、椎体が変性し、椎骨から突出してしまいます。その突出した状態をヘルニアと言います。椎間板には前かがみや座る、という姿勢や動作をすることで圧力が体重の約2・5倍かかるといわれています。年齢とともに水分が失われて椎間板が弾力性を失い、変性することで突出することもあります。 脊髄は脳から出て脊柱管を通り、その際、末梢神経に枝分かれしますが、椎間板ヘルニアでは脊髄や末梢神経が突出した椎間板に圧迫、刺激され痛みや痺れ、麻痺などさまざまな症状が生じます。 椎間板ヘルニアの発症には、姿勢や動作、先天的な体質や骨の形、加齢が関係すると言われています。 近年の研究で、椎間板ヘルニアの発症には遺伝や喫煙も関与していることが分かってきています。

ヘルニアを放っておくとどうなるのか

椎間板ヘルニアを放置すると神経麻痺など重篤な障害をきたします。脚の痺れ、坐骨神経痛などの神経症状が出現すると要注意で、スポーツ選手にとっては選手生命にもかかわります。 ヘルニアの多くは、飛び出した椎間板に白血球が反応して溶かし、吸収され徐々に消失します。しかし、突然の下半身の強い麻痺での発症による筋力、知覚低下や尿閉、尿失禁などの膀胱・直腸障害がみられる場合は、神経の圧迫を取らないと、ヘルニアが吸収されても下半身麻痺が残ってしまいます。そうなると薬や鍼、リハビリなどでこの疾患による下肢麻痺を解消することはできないので、早急な処置が必要となります。 その他には、椎間板の内部にある髄核というゼリー状の組織が後縦靭帯を突き破っていない場合は、白血球が反応しにくく自然に消失しにくいと考えられている為、放置してしまうと痛みが長引く原因となります。

当院のヘルニアに対する施術とは

椎間板ヘルニアの施術は2つあり、手術をしない保存療法と椎間板ヘルニアの原因で神経を圧迫している椎間板を取り除く手術があります。 椎間板ヘルニアの80~85%は自然治癒することもあるので、まず第1に手術をしない保存療法を行います。 保存療法で一般に多く行われているのは、コルセットなどの装具療法、マッサージやストレッチなどの理学療法、痛みが高度の場合には、腰部硬膜外神経ブロックなどの鎮痛を目的とし筋弛緩剤・消炎鎮痛剤・ビタミンB剤などが用いられた注射をする方法もとられます。 保存療法で3ヶ月から半年ほど様子を見た後、症状が収まらない場合や、医師の判断で椎間板を取り除く手術を行います。 当院では主に、手技療法や筋肉の周りにある筋膜を伸ばす筋膜ストレッチ、固まった奥の筋肉まで内側からをほぐす鍼施術、人に流れている電気と同じくらいの電気を流し鎮痛効果のある電気療法、歪んだ骨格を元に戻す骨格矯正などがあり、患者様のお身体の状態、ニーズに合わせてメニューを提案していきます。

その施術を受けるとどう軽減するのか

筋膜ストレッチ
筋膜とは身体全体の筋肉を包んでいるラップみたいなものです。筋膜と筋肉がくっつき、弾力性が無くなると関節を動かした時に筋肉が突っ張って痛みが出ます。主に下半身のストレッチで、筋膜と筋肉を剥がすように行う治療です。

鍼治療
鍼治療は痛みのある部分に刺すことにより、筋肉にわざと傷をつけ、そこに治そうとする細胞を集まります。 人の身体に傷ができると出血します。それがやがてかさぶたになり元の皮膚の状態に戻ります。その流れが身体の中で起こり治癒へ促してくれます。

電気治療
急性期の炎症を改善する電気と筋肉の緊張を和らげる電気です。 マイクロカレントという電気は人の身体と同じくらいの電気を流すことにより、細胞の活性化や身体の治癒力を高めてくれます。

骨格矯正
骨盤の左右差、捻じれ、歪みを良くすることにより身体を正常の可動域に戻してくれる効果があり、飛び出た椎間板と神経の圧迫を緩和して痛みを軽減します。

施術頻度はどのくらいか

椎間板ヘルニアの場合、80~85%の患者様は3ヶ月~半年の間に自然治癒することもあります。また、痛みが増強して手術をすることもあります。 より早く痛みが無くなるように自院では週に2~3回の来院ペースをおすすめしています。 自然治癒や、手術をして痛みが無くなっても、その後半年間は再発に注意しなければなりません。 再発防止や最短で痛みが無くなる施術を、身体の状態や患者様のニーズにより提案させていただきます。