悩みタイトル

手首の親指側付け根付近が腫れて痛みが出る
フライパンや洗濯物を干すときなど物を持った時や握った時に手首に痛みが出て力を入れられない
腱が炎症を起こしている為手の関節が動かしにくかったり動かすことで痛みがでる
指が動かしにくく一度曲げた指がスムーズに伸びなかったり、引っかかり感や音が鳴りながら戻る
握りこぶしを作り親指を中に入れながら小指の方向に手首を曲げた時に親指側の関節に激しい痛みがでる

腱鞘炎に対する自院の考え

筋肉と骨をつなぎ合わせる役割をしているものが「腱」と呼ばれその腱の通り道を「腱鞘」と呼ばれます。

鍵と鍵穴に置き換えると鍵が腱、鍵穴が腱鞘とします。一方的に鍵が大きくなると鍵穴に入らなくなりますし、鍵の形が変わると鍵穴が正常に動作しなくなります。いわゆるこの状態を「腱鞘炎」といいます。

ではなぜ腱鞘炎になるのか。原因として一番多く言われているのは「使いすぎ」です。
物を持ったり握ったりする動作の繰り返しによって腱が炎症を起こし腱鞘炎になります。 スポーツ選手やお仕事でPCなどを使用する方にも多く見られますが、 家事、炊事などでも腱は刺激を受け続け炎症を起こし腱が分厚くなりこの状態で動かすと厚くなった腱と腱鞘がこすれあい摩擦によりさらに炎症を起こしていき動かしにくさや痛みが出る状態を腱鞘炎といいます。

腱鞘炎を放っておくとどうなるのか

腱鞘炎にはいくつか種類があり最も多いと言われているのが『ド・ゲルバン症候群』といわれ、このド・ゲルバン症候群の症状を放っておくと、炎症を起こし厚くなった腱がさらに厚くなり炎症が悪化します。

それにより指や手首の関節の動かしにくさが増したり、物が持てない、握れない等日常生活に支障が出るほどの痛みが出てきます。厄介なことに腱鞘炎は自然治癒が期待できない疾患の一つで痛みに耐えながら手首や手指の酷使を続けると症状が悪化します。

また症状が悪化すると「ばね指症状」と呼ばれる、指の曲げ伸ばしが困難になったり、無理に曲げると元に戻らない、戻らない指を無理に伸ばそうとすると音を立てながら戻るなどの症状が出てきます。
さらにばね指症状は掌への痛みも誘発させ「動かせない」「痛い」などの症状で日常生活へ支障をきたす原因となります。

当院の腱鞘炎に対する施術とは

一般的に腱鞘炎は症状の段階であれば保存療法、つまり炎症を起こしている患部を使わなければ軽減すると言われています。
そのために荘園鎮痛効果のある湿布などを用いたり、テーピングなどを用いて固定し、可動制限をかけて経過観察することで腱の炎症が緩和し腱鞘炎症状の軽減がみられます。 腱鞘炎症状が進行し保存療法では炎症を抑えきれなくなってしまった場合は投薬療法を用いる事が多いです。

投薬療法ではステロイド注射を行う事で痛みが抑えられるという利点がある反面、根本的な解決にはならないため一定期間経過すると再び痛みが現れると言われています。 保存療法、投薬療法でも改善が見られない場合手術を行い腱鞘の一部を切開し腱の通り道を作ってあげる事で摩擦をなくし炎症を抑えて改善させる方法がありますが、整骨院では投薬療法や手術は適応外となります。

その施術を受けるとどう軽減するのか

投薬療法、手術以外で腱鞘炎の軽減が期待できる施術メニューをご紹介いたします。
当院では鍼灸師が所属していますので部分鍼コースや全身鍼コースがおすすめです。

施術を始めて最初のころは全身鍼のコースで炎症している腱を動かす司令塔である神経に対してアプローチをし、血流を回復させてあげる事で筋肉や腱の動きがスムーズになります。 この時首の後ろから背中の上の方にかけて鍼をしてあげる事で上記の効果を得る事ができます。筋肉や腱の動きがスムーズになったところで直接筋肉に対して鍼でアプローチをしていきます。 このように段階的に神経や筋肉にアプローチをかけていき動きが円滑になることによって症状の緩和がみられます。
施術の最後に円皮鍼と呼ばれる貼付タイプの鍼を貼付してテーピングで固定して一回の施術は終了です。

施術頻度はどのくらいか

上記の施術メニューで行う場合、初めは毎日ご来院して頂いて施術を受けて頂く事を推奨していますが、 難しい場合でも一週間に2回~3回はご来院していただき、施術を受けて頂き血流を習慣的に回復させる必要があります。

炎症が落ち着いてきたら一週間に1回ご来院頂いて施術を受けて頂くことで緩和が期待できます。