悩みタイトル

シンスプリント
下腿の内側(すねの内側)下から3分の1に痛みが出ることが多いです。 主に後脛骨筋などの疲労の蓄積によるもので、ランナーによく見られます。

腸脛靭帯炎
膝の屈伸運動の繰り返しにより、腸脛靭帯と膝の外側に摩擦が起こり痛みが出ます。長距離ランナーによく見られます。

アキレス腱炎
下腿の筋肉と踵の骨を結ぶ丈夫な腱で、ジャンプを繰り返すスポーツに多く見られます。地面を蹴ってつま先立ちになる動きが関わっています。足首の下の方などに痛みが出ます。

外側上顆炎
主にテニスの片手のバッグハンドで肘の外側に痛みが出ることから、別名テニス肘と言われます。手首をそらす動きに関わる筋肉(前腕伸筋群)が外側上顆に付着しているため、フライパンを振るなど日常生活動作でも起こりやすいです。

野球肩
野球の投球動作だけではなく、テニスやバレーボールなど腕を大きく振る動作を繰り返すスポーツに多く見られます。肩関節に着く筋肉や靭帯、骨の損傷によるもので、痛めた部位により肩の前・後方、上腕などに痛みが出ます。

スポーツ障害に対する自院の考え

スポーツを行う中で繰り返し同じ動作をすることによって、同じ部位に負荷がかかり続けることでだんだんと痛みが出る慢性的なケガのことを言います。使いすぎ症候群(オーバーユース)とも呼ばれます。 アキレス腱炎やジャンパー膝、野球肘など筋や腱、靭帯に疼痛や腫れなどの炎症症状が起こる場合と、シンスプリントやオスグッド、疲労骨折など骨や関節に起こる場合、腰椎椎間板ヘルニアなど脊柱にある神経を圧迫し、しびれや運動低下が起こる神経に起こる場合とがあります。 これらの原因には過度な運動により疲労が回復されないまま再度スポーツを行う場合と、同じ動作の繰り返しで同じ部位に負荷がかかってなる場合が主な原因となります。 また、クールダウンやケア不足、不十分な休息、睡眠不足、栄養不足なども考えられます。 軽い症状の段階では、運動中に鈍い痛みがある程度ですが、だんだん進行すると安静時にも痛みが出たり、場合によっては激痛が起こることもあります。 筋肉の硬さや関節の広がり方をスポーツを行う前にきちんと確認したり、痛みの原因がはっきりしないままスポーツを続けると激痛を伴ったり、治療を行っても治りにくい状態になってしまいます。

スポーツ障害を放っておくとどうなるのか

スポーツのためにケガや障害に苦しんでいる人はとても多く、痛みを感じながらもスポーツを続けている方がほとんどだと思います。 本来は、スポーツの専門医である整形外科医の知識や技術を利用すれば、殆どの人はケガや障害が改善・完治して、スポーツを楽しく続けることができます。 しかし、どうしても医療機関がやっている時間に間に合わない、受診するのが億劫だという方が多く、実際には専門医をうまく利用できていないのが現状です。 スポーツ障害の多くは、金属を何度も曲げ伸ばしすることにより金属疲労を起こし折れてしまう現象とよく似ています。 筋肉や腱、骨などに置き換えると、筋・腱の断裂や疲労骨折を招いてしまいます。 疲労骨折まで陥ってしまうと、普通の骨折に比べ治癒までに時間がかかることがとても多いです。 半年以上スポーツに復帰できなくなってしまう事も多いので、我慢せずに早めの受診をおすすめします。

当院のスポーツ障害に対する施術とは

当院ではスポーツ障害に対する治療と、予防する治療があります。 スポーツ障害に対する治療としては矯正治療、鍼治療、電気治療が有効です。 電気治療としては炎症を起こして痛みの出ている部分に対するマイクロカレントがあります。 体内に流れている電気と同じ出力の電気を流し炎症を抑えてくれます。 矯正治療は様々な競技により痛みが出てしまうものに対し、正常の骨格に戻し痛みの出やすい部分に負担が掛かりにくいお身体に戻すとともに競技のパフォーマンスを向上します。 鍼治療では原因である筋肉や損傷部位に鍼をうつことにより治癒力を促進してくれる効果があります。 即効性を求めている方や、大会が近いから早めに痛みを取りたいという方にはお勧めです。 また、鍼は続けて行う事により、筋肉の質の変化をもたらしてくれ、スポーツ障害の予防にもとても最適なので是非お試しください。

その施術を受けるとどう軽減するのか

骨格矯正です。 骨格の大元である骨盤の左右差、捻じれを良くすることによりお身体を正常の可動域に戻してくれる効果があります。 足の軸や肩関節が開きやすい、閉じやすい等ある場合に使う筋肉に差が生まれてしまうのでそれを改善する効果があります。 鍼治療です。 鍼治療は痛みのある部分に刺鍼することにより、筋肉にわざと傷をつけそこに治そうとする細部を集める効果があります。 人の身体に傷ができると出血し、それがやがて止まり瘡蓋になり元の皮膚の状態に戻ります。その流れがお身体の中で起こり治癒へと導いてくれます。 電気治療です。 急性期の炎症を改善する電気と筋肉の緊張を和らげる電気があります。 マイクロカレントという電気は生体内と同じ出力の電気を流すことにより、細胞の活性化を促します。 またそれぞれ単体で行う患者様もいらっしゃいますが、それぞれの治療を組合わせて行う事により短期間でお身体を治す効果があります。 どうしても早く治したい、大会が近いから何とかしたいという方はご相談ください。

施術頻度はどのくらいか

治療内容や患者様のニーズによって通院期間や頻度は様々です。 根本的に治したい、継続的にケアしたいという患者様の場合、骨格の矯正であれば6ヶ月から12ヶ月の期間が必要となります。 歯の矯正治療では専用の装具を使い1年から2年の期間を要します。 また治療を始めたばかりの時期だと、一度骨格を整えた後1~3日で戻ってしまいます。 よって理想は週に2回~3回で半年以上の期間施術を行う事により人間の本来持っているお身体の状態へと導いてくれます。